協会会員

12球団トレーナー紹介(球団名をクリックしてください)

当協会「日本プロ野球トレーナー協会」が設立されたのが、1960年ですが、戦後間もない頃からトレーナーという職業が プロ野球の世界にはありました。プロ野球トレーナーの歴史はプロ野球の歴史とともにあり、少数でありながら、自身の技術向上 を目指し、日夜勉学や鍛錬に励んでいたと聞きます。ただ単にマッサージだけを行うというものではなく、怪我や故障の原因の 研究、治療方法研究だけでなく、選手の食事や私生活の管理などもやっていたそうです。トレーナーという職業に「誇りとプライド」を 持ち、命を賭けた達人たちだったのでしょう。

30年以上前までは、各チームにトレーナーは2、3人程度でしたが、現在は、多くて12人、少なくても8人は在籍しています。 ほとんどは、鍼灸、マッサージ師の資格を持っています。20年ほど前から理学療法士(PT)もリハビリ担当として入団するように なりました。

私達、プロ野球のトレーナーは、一般のトレーナーの見本となるよう、日々切磋琢磨しております。医療技術の進歩にともない、 トレーナーの技術も向上しています。しかし、旧式とはいえ、昔ながらの治療方法も決して劣ることはないので、継承していきたい。

球団トレーナーは現場フロントです。選手名鑑やメンバー表には載りません。試合中には必ず1人ベンチに入っていますが、知っている 人はあまりいないでしょう。裏方ですから、目立つつもりはありませんが、トレーナーという職業を知ってもらう為に、顔写真を載せて、 ここに12球団のトレーナーを紹介したいと思います。

ベンチ裏の見えない所で、「戦う男たち」です。
どうぞよろしくお願いいたします。